FAQ一覧

回答一覧

Q
ライブスペースはどのようなテレビ会議システムですか?
A
ライブスペースは、一般のインターネット回線を使用した、会議システムです。 USBカメラを使用し、相手の映像を見る事ができます。また、音声、テキストチャット、資料共有も可能です。 特に複数の会議を並列同時進行が可能です。画像品質も劣化が少なく、音声遅延も最小限に抑えています。

Q
大型HDテレビ(モニター)に接続できますか?
A

パソコンの外部出力端子から大型テレビ(モニター)へ接続できます。 現在、DVI端子、HDMI端子での動作確認済です。大型モニター出力時でも共有資料、映像表示ともに高画質で出力しています。(Panasonic プラズマTVのHDMIで確認)(※ PC側とHDモニタ側がともにHDMI端子の場合、音声も出力されていますのでモニター側のスピーカを使用する事も可能です。) ライブスペースは、HDTVより上の解像度モニターをお使い頂くと、最適に表示されます。 VGA端子の場合は、640x480となりますので、最近の液晶・プラズマテレビでは横に帯がでます。 PCのスペックとご使用の液晶・プラズマTVモニターの解像度を比較しご導入をご検討ください。 ライブスペースご導入時のアドバイス等も可能です。カスタマーサポートにお問合わせください。

  • VGA : 640×480ピクセル(比率4:3)
  • WVGA : 800×480ピクセル(比率5:3)
  • SVGA : 800×600ピクセル(比率4:3)
  • UWVGA : 1024×480ピクセル(32:15 )
  • WSVGA : 1024×600ピクセル(約8:5)
  • HDTV : 1088×612ピクセル(16:9)
  • HDTV : 1152×648ピクセル(16:9)
  • UWSVGA : 1280×600ピクセル(32:15)
  • XGA : 1024×768ピクセル(4:3)
  • HDTV 720p : 1280×720ピクセル(16:9)
  • XGA+ : 1152×864ピクセル(4:3)
  • WXGA (Wide-XGA) : 1280×768ピクセル(5:3)
  • フルワイドXGA : 1366×768ピクセル(16:9)
  • Quad-VGA(1.2メガピクセル) : 1280×960ピクセル(4:3)
  • WXGA+ (Wide-XGA+) : 1440×900ピクセル(8:5)
  • SXGA (Super-XGA、1.3Mピクセル) : 1280×1024ピクセル(5:4)
  • HDTV : 1600×900ピクセル(16:9)
  • SXGA+ : 1400×1050ピクセル(4:3)
  • WSXGA+ (Wide-SXGA+) : 1680×1050ピクセル(16:10(8:5))
  • UXGA (Ultra-XGA、1.9メガピクセル) : 1600×1200ピクセル(4:3)
  • フルHD (1080i、1080p) : 1920×1080ピクセル(16:9)

Q
WEBカメラは、何を使えば良いですか?
A

市販されている殆どのWEBカメラが使用可能です。35万画素以上でご使用いただければと思います。

Q
ヘッドセットのお勧めは?
A

ヘッドセットは、ノイズキャンセリング機能を搭載した機種をお勧めします。 また、手元でマイクオフできるものや、音量を調整できるものもあります。

Q
画質クオリティーはどの程度ですか?
A

インターネット回線状況とPCスペック等を自動的に検知し、WEBカメラの画質を基準に最高100%〜60%程度の品質を確保出来るようにしています。

通常、32Kbps〜9.8Mbpsクオリティーでお届けしています。 (回線の状況等により自動調整しています。)

  • 32 kbps - テレビ電話で話者を認識するための必要最低限
  • 64 kbps - 3G-324M (MPEG-4ビジュアル + AMR)のテレビ電話の最高品質
  • 128 kbps - ワンセグの H.264動画のみの品質
  • 192 kbps - ワンセグ (H.264 + MPEG-2 AAC) の品質
  • 1150 kbps - ビデオCDの MPEG-1動画(映像のみ)の品質
  • 1374 kbps - ビデオCD(MPEG-1 + MPEG Layer 2)の品質
  • 2 Mbps - VHS の品質(MPEG-1)
  • 9.8 Mbps - DVD-Videoに記録できる最高品質
  • 15 Mbps - 地上波デジタル放送の品質
  • 18 Mbps - AVCHD(H.264 + AC-3)の最高品質
  • 23 Mbps - BSデジタル放送の品質
  • 55 Mbps - MPEG-2 の最高品質
Q
音声クオリティーはどの程度ですか?
A

画質と同様にインターネット回線状況とPCスペック等を自動的に検知し、音声のビットレート等を自動調整しています。 ビットレートは、8 kbps 〜48 kbpsの範囲で調整しています。

  • 8 kbps - 携帯電話の音質
  • 12.2 kbps - GSM、及び3G携帯電話の音質
  • 32 kbps - 一般的な固定電話、及びPHSの音質
  • 48 kbps(ステレオで96 kbps)- FMラジオの音質

サンプリングレートは8kHzを基準に48kHzまでの調整は可能です。

サンプリングレートは、

  • 8kHz 帯域(300Hz〜3.4kHz) ISDN等のデジタル公衆回線電話品質
  • # 32kHz 帯域(20Hz〜20kHz) FMステレオ放送
  • 44.1kHz 帯域(20Hz〜20kHz) CD、MD等
  • 48kHz 帯域(20Hz〜20kHz) DVDーVIDEO、デジタルケーブルTV等

ライブスペースでは、44.1kHzでの設定も可能ですが、人の音声用会議システムなので、音声の範囲を基準に考え8kHzを最低値としています。ISDN品質ですが、旧来のアナログ電話に比べハッキリ聴きとれて会話にそん色ありませんので、安心してご使用ください。

Q
音声がこもって聞き取りにくいのですが?
A

パソコンによっては、サウンドエフェクト機能を搭載している機種があります。 この様な場合、エコーやリバーブがかかり、低音が聞き取りにくい場合があります。

サウンドエフェクト機能をオフにすると、通常の状態に戻り聞き取り易くなります。 また、サウンドエフェクト機能やイコライザや音質調整機能がある場合は、低音域を絞ることにより改善されます。 パソコンのスペックをご確認いただき、調整してください。

Q
操作方法は簡単ですか?
A

ライブスペースの画面操作は、1画面だけで操作できるので色々な画面を切り替える必要がありません。メニュー項目も必要最低限で分かり易い言葉を使っています。 基本的なパソコン操作ができれば、マニュアルを見なくてもすぐに使えます。

Q
複数会議を同時開催とは?
A

ライブスペースの特徴が複数会議同時開催機能です。 日常的に行われる会議をシミュレーションして開発しているので、同時に様々な会議を進行できます。先行会議の終了を待たずに利用できます。

Q
IDは一人ずつ契約が必要ですか?
A
基本的にはお一人様=1IDですが、広角カメラやWEB会議用スピーカーを使って1台のパソコンから複数の方が参加される場合は、パソコンに対して1IDだと お考えください。但し、そのようなご利用の場合は必ず無料トライアルで使い勝手をお試しください。
Q
テレビ会議とビデオ会議とWEB会議の違いは?
A

広義には同様と考えています。カメラとマイク、スピーカー、モニター画面を使い遠隔地同士でも円滑に会議を開催できます。 テレビ会議とビデオ会議では日本とアメリカ等の呼び名の違いと考えています。 WEB会議については、従来のテレビ会議を発展させ、資料共有等の付加機能があり、より円滑に会議ができるようになっています。 ライブスペースの場合は、さらに一歩発展させ実際の会議をシミュレーションして開発しています。 同時会議機能や、部外者が会議室に入室できないようにするロック機能も備えています。

Q
既存のインターネット回線で使えますか?
A

一拠点当たり、ADSL回線以上なら使用可能です。 できれば、光回線をお使い頂ければ、ライブスペースを高品質でご使用いただけます。

Q
操作は直感的に操作できるとありますが、どうですか?
A

画面遷移がなく、一画面だけで操作できるように設計しています。画面の色も落ち着いた色を採用していますので非常に使用しやすくなっています。また、言葉も専門用語を極力使わずに、日常的に使う言葉で操作できるように考慮しています。

Q
ヘッドセットを使わずにスピーカーでモニターできますか?
A

ヘッドセットを使われた方が、エコーやハウリングが少なくご使用いただけます。 集合会議の場合は会議用のモニタースピーカーとマイクをご使用頂ければと思います。その場合は必ずノイズキャンセリング機能を搭載した製品をお使い下さい。

【推奨商品】
ヤマハ PJP-25UR
ヤマハ PJP-10UR

USB接続の製品を複数接続して使う場合は、PCのスペックにご注意ください。

特にUSB接続のWEBカメラとUSB接続のスピーカーマイクを使う場合は、Intel Coreプロセッサー以上を推奨します

大きな会場でモニタースピーカーを使用する場合は、マイクが自分の声を拾ってしまい、音声がエコーし2重に聞こえる場合があります。この場合はマイクとスピーカーのヴォリュームや位置等を調整する必要があります。さらにキャンセリング専用の機器を導入する必要もあるかも知れません。
(サポートが必要な場合は、実費にて行っております。)

Q
回線は暗号化されていますか?
A

RTMPE暗号化で128ビットです。

RTMPE暗号化で128ビットです。SSLと同等の強度で20%〜30%高速に処理できるといわれています。 またPC内にキャッシュを残しません。 RTMPEはFLASH Playerバージョン9以上で、ご使用ください。

Q
AppleのMacでも使えますか?
A

Macでも問題なく使用できます。 G4 800Mhz以上または、Intelチップを搭載したマックでご使用できます。 iSightカメラで動作検証しています。(CoreDuo搭載機)

Q
インストール不要とありますが?
A

フラッシュプレーヤーがインストールされたPCであれば動作しますので基本的にインストールは不要です。但しWEBカメラ等のドライバーはインストールが必要です。

Q
Vistaに対応していますか?
A
FLASHPLAYERで動作するので、OSに依存しません。 もちろんVistaでの動作確認もしています。。
Q
共有資料にマーキングやテキスト入力したものは印刷できますか?
A
資料の上から書き込みしたものは印刷されます。 自由線、四角、楕円、入力テキストの全て印刷対象です
Q
チャット機能を使って議事録を書きたいのですが、ワード等に貼り付けできますか?
A
チャット画面で表示されているテキストをドラッグして全て選択してください。次にマウスで選択されている部分で右クリックしコピーを選択してください。 ワード等の文書部分で貼り付けすれば大丈夫です。
Q
支払は、毎月払いでお願いしたいのですが?
A
月額利用料金の支払期日は毎月の利用開始日と同じ日から14日以内にお振込いただきます。
ニュース
11/02/28
無料トライアルサポートを始めました。
11/02/18
推奨機器を追加しました。(YAMAHA PJP10-UR)
10/09/01
ソフトバンクモバイル同時申込キャンペーン開始しました。
08/09/29
料金改訂しました。
08/09/11
大阪ビジネスエキスポ2008にて、ライブスペースのテレビ会議(WEB会議)システムが公開されました。 ライブスペースYoutube
プレゼンの様子をYoutubeに掲載中!
08/06/23
ビジネスパックプランのサービス開始
08/06/22
ホームページをリニューアルしました。
08/04/30
利用規約改定しました。
リンク YAMAHA YAMAHA バナー